鎌倉ヤマガラ日記

鳥の話はあれども野鳥観察日記ではない似て非なるもの

兆し

 

さほど慶賀すべきとも感じていない新年ももう一月半ばを過ぎた。

そういう心持ちでいても自然が送ってくれる小さなメッセージに心和む。

教えてくれた絵描きの卵にも感謝したいと思った。

教えられなければ、気づかずに過ぎてしまった「ただ一輪」の時間。

気づかなければ気づかずに過ぎていくことが多いとは、自然について言うことか、我々の人生について言うことか。

日々刻々、気づいていることと気づいていないことの境目が、我々の人生、あるいは、狭めて言えば、我らの『意識』なのだと改めて思う。

 

数多用意された蕾の中であの一輪が最初に綻んだ。

それには理由らしい理由があるものかどうか分からないが、それでもそれを知りたいと思うのは、あの一輪の素早さと孤独とを思うからだろう。

 

  f:id:daymonthtraveler:20180117114008j:plain

 

 

 

 

    高枝にただ一輪の待春譜

 

 

 

             f:id:daymonthtraveler:20180117114017j:plain

 

(2018/01/17)

 

ちょっと気になった/面白いと思った電子書籍を紹介します。


       
志鉄木一譜(著)恋をした頃は    志鉄木一譜(著)僕のビッグバン