鎌倉ヤマガラ日記

鳥の話はあれども野鳥観察日記ではない似て非なるもの

トトロの耳

 

これは完全に時間がずれている。

これを書いているのは6月半ばなのだが、写真は5月上旬だったろうか。

 

久しぶりに庭から山を見上げて若い緑の葉叢を見て、「育ったものだな」と思う。

この、私が「トトロの耳」と呼んでいる二本の木は、私が幼かった頃にはもちろん、ここから仕事で中京地区に移住した頃にも目立たなかった。

実際に、その頃にはまだ無かった木なのかもしれない。

 

f:id:daymonthtraveler:20180617181303j:plain

 

トトロの耳ははっきりしているが顔があるわけではない。

むしろ、あっちを向いて寝転がっているトトロの背中が新緑の緑。

空に飛び上がる時の両手を広げた後ろ姿のようでもある。

 

f:id:daymonthtraveler:20180617181257j:plain

 

ここに帰ってきて、山が以前より深くなったと感じることが多い。

公園化して木を守っているせいか、あるいは、逆に財政貧困な鎌倉市が手を十分に入れずに、伸び放題にしてきたからなのか、そのどちらであるのか私にはわからないが、それでも山の端は昔に比べ高くなったし、野鳥や小動物も増えているように感じる。

山が迫って来ている、そんな印象が強いのだ。

 

トトロの耳は歴史の名を関した小山に寝て、何の声を聞いているのだろうか。

 

(2018/06/17)

 

ちょっと気になった/面白いと思った電子書籍を紹介します。


       
志鉄木一譜(著)恋をした頃は    志鉄木一譜(著)僕のビッグバン